トップ  >  法人設立10周年

 ご 挨 拶       

                       一般社団法人 鍼灸マッサージ師会

                              代表理事 高橋養藏

 

  このたび、多くの先輩の皆さん、会員、事務局員の皆さん、ご支援、ご協力を頂いた他団体の皆様のお力のおかげで、法人格10周年を迎えることが出来ました。心から感謝を申し上げます。

 

振り返ってみますと、はり・きゆう・マッサージ治療を患者が希望したら健康保険で気軽に受けることが出来ないのか、全国で患者さんや業者の有志が運動していました。 

 

東京でも19825月に出された労働省「基発第375通達」労災保険で認められていた、はり・きゅう・マッサージの施術の補償を1年で打ち切るという施策に対して反対運動が起こり「はり・きゅう・マッサージを守る会」が結成されました。

 

この会が当時「患者の権利宣言」を提唱し運動をしていた弁護士に講師になって頂き学習会が行われました。この中で、患者が望む、はり・きゅう・マッサージの施術を受けるのは患者の権利であること、又、当然ですが「健康保険制度」は、業者の為にあるのではなく患者のためにあるものだということを学びました。志を持った先輩達が会を結成し運動を展開しようと、 1986(昭和61)4月に現在の会の前身である、東京都保険鍼灸マッサージ師会が結成されました。

 

同年9月に全国の有志が集い「全国保険鍼灸・マッサージ師団体連合会」が結成され、数年後、宇都宮市の岸イヨさんが「併給禁止」を撤回させるべく訴訟を起こしました。 

 

9年間に及ぶ裁判闘争を東京の会は中心になって支えました。この運動によつて厚生労働省は、譲歩し、「150号」通知をだしました。

 

その後、会の非民主的な運営と運動の進め方の違いから全国団体を離れ、東京独自で、中間法人法で法人格を取り、法改正により現在の一般社団法人鍼灸マッサージ師会という法人格になりました。この間、私たちの掲げている目標は、患者さんと共に運動しなければ実現しないと「NPO医療を考える会」を結成し現在100万署名を共に取り組んでいます。

 

今後この会が患者さんと共に運動するという原点を忘れずに、増々、発展することを願っています。 

 

10周年記念誌ができました

 

 

 ※ 会員の皆様には、3月中旬に郵送しました。

     

   目  次 

・法人10年間の歩み

・10周年記念式典

・会の歴史

・任意団体から法人までの歩み

・健康保険療養費の不支給に対する裁判

・健康保険の不支給に対する異議申し立て(審査請求)

・保険者交渉

・100万署名活動

・交通傷害保険問題 ~組織的黒幕との戦い~

・組織図

・研修活動

・会員間のコミュニケーション活動

・ボランティア活動

・関連活動

・10周年に寄せて

・資料編

・編集後記

 

   

法人設立10周年記念式典が実施されました。                   

 

                       平成26年9月28日(日)13時~18時

                        (東京新宿 ホテルローズガーデンにて)               

 

 式典宣言、来賓あいさつ、公演、貢献者表彰、マッサージ会の

 歩みの紹介、詩舞の後、会食およびラテンバンドによるイブニングショウが行われ、大いに盛り上がりました。

 

    詳しくは 事務局通信 138号 をご覧ください。

 

          

             参加者の皆さん

    

                           ラテン演奏も盛り上がりました!

 

                        

プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP

お問い合わせフォームへのリンク TEL03-3299-5276 FAX03-3299-5275