あん摩マッサージ指圧治療について

マッサージ治療とは、本来は西洋医学で扱っていた“肌を摩る治療”の名称です。しかし現在は日本の『伝統医療』として伝えられたあん摩・指圧に各種の運動法なども含めた療法となり、マッサージ治療という総称で普及しています。

その療法は、全身の血流の改善を図り免疫力を高めて体調不良を取り除く効果があります。現在は医療マッサージとして高齢者などの健康法に、ベビーマッサージでは赤ちゃんに、オイルマッサージ、リンパマッサージとして美容法に、また足裏マッサージ、タイ式マッサージなどの名称で日常に取り入れる健康法として、健康維持から若返り療法まで幅広く展開されています。

マッサージ治療は〈あん摩マッサージ師圧師〉という国家資格がなければ行えない治療です。受診の際は資格者を選んでいただきたいと思います。

高齢者・障害者の皆さんへ

高齢化社会が進み、在宅療養を続ける方も増えています。「多少の障害があっても寝たきりにはなりたくない。」というのが多くの方の願いだと思います。マッサージ治療は、身体の機能を維持し、寝たきりを予防するために最適な治療法です。健康保険が利用できる医療マッサージ・在宅マッサージも増えてきています。

色々な心配をお持ちの皆さん、体調維持のため、また、障害を抱えた方が起き上がり立ち上がるために、健康保険による在宅マッサージ治療をぜひご利用下さい。

ご質問・お問い合わせはお気軽に当会にご連絡下さい。

前
はじめに
カテゴリートップ
TOP
次
保険申請の流れ

お問い合わせフォームへのリンク TEL03-3299-5276 FAX03-3299-5275